WordPressテーマ ▶︎ AFFINGER6 関連の記事 はこちらから!AFFINGER6

SWELLのおすすめプラグインWordfence Securityの設定方法と使い方

SWELLの必須プラグインWordfence Securityの設定方法と使い方

こんにちは "osaboo"osabooです。"@osaboo_Bot"

SWELLのおすすめプラグインWordfence Securityの設定方法と使い方をご紹介します。

設定項目が少し多くて…わかりづらい?!
「真似すれば大丈夫!!」こんな感じでご紹介しますね。^^/

この記事でわかること
  1. Wordfence Securityについて
  2. Wordfence Securityのインストール方法
    1. Wordfence Security プラグインの新規追加
    2. Wordfence Securityの無料ライセンスを取得する
  3. Wordfence Securityの設定方法
    1. Wordfence Securityの自動更新設定
    2. Wordfence Securityのファイアーウォール最適化
    3. Wordfence Securityのファイアーウォールのオプション設定
    4. Wordfence Securityのメール通知設定
    5. ブルートフォース保護
  4. Wordfence Securityの使い方
    1. スキャン
  5. まとめ!

SWELLの必須プラグインについて 他にも確認したい方は…以下の記事もおすすめです。

それではご覧ください。

目次 "Contents"

Wordfence Securityについて

Wordfence Security:イメージ

Wordfence Securityは…

選択肢1 : Wordfence Security

基本的にはこのプラグインを使ってます。
reCaptcha v3も簡単に導入できますし、「とりあえず入れとけば安心だ」とよく聞くので…笑

Wordfenceを導入する場合はそれで十分だと思うので、それ以外のセキュリティ系は基本的に入れていません。

SWELL公式サイト/おすすめセキュリティー系プラグイン

…ということで!おすすめです。

Wordfence Security で解決できること
  • ハッキングの防止(悪意あるトラフィック・コード・コンテンツを識別してアクセスをブロック)
  • スパムをブロック(不正なURL・バックドア・SEOスパム・悪意あるリダイレクト等のチェックして警告)
  • サイト内のウイルスを撲滅(コンテンツ・投稿・コメントをスキャンし ウイルスを洗い出して駆除)
osaboo

たくさんありすぎて…上げきれませんが!WordPress用セキュリティープラグインでは「人気 No1」らしい!?(笑)

インストールも他のプラグインと違い少しややこしいところがあるので きっちりした手順でご紹介していきます。

それではインストールを始めましょう。

Wordfence Securityのインストール方法

この章では、Wordfence Securityのインストール方法をご紹介します。

インストールの項目は以下の通りです。
  • Wordfence Security プラグインの新規追加
  • Wordfence Securityの無料ライセンスを取得する

プラグインのインストールにプラスしてライセンスのインストールが必要です。

Wordfence Security プラグインの新規追加

Menu 『WordPress管理>ダッシュボード>プラグイン>新規プラグインを追加』をクリックします。

以下の「プラグインを追加」画面が表示されます。(画面最上部)

検索の枠欄に『Wordfence Security』と入力します。

プラグイン新規追加:Wordfence Security

検索結果に以下の「Wordfence Security」が表示されます。

『今すぐインストール』をクリックします。

Wordfence Security:今すぐインストール

『有効化』をクリックします。

Wordfence Security:有効化

有効化が完了するとちょっとびっくりするイエロー表示が出てきます。

osaboo

大丈夫!次の章で解決していきます。

Wordfence Securityの無料ライセンスを取得する

Wordfence Securityのインストールが完了して 有効化すると 以下の「プラグイン」画面が表示されます。
(Wordfenceのライセンスを取得)

『GET YOUR WORDFENCE LICENSE』をクリックします。

Wordfence:ライセンスの取得 GET YOUR WORDFENCE LICENSE

以下のプランメニューが表示されます。

無料のライセンスをを選択します。

『無料ライセンスを取得する』をクリックします。

Wordfence:ライセンス選択1

以下のドロップダウン画面が表示されます。

『新しい脅威から保護されるまで30日間待っても問題ありません』をクリックします。

Wordfence:ライセンス取得1

ドロップダウン画面が切り替わります。

サイトURLに間違いが ないか確認しておきましょう。

手順は以下の通りです。
  • Eメールアドレルを入力します。(後でメールが届きます。)
  • 『はい・いいえ』を選択します。(どちらでもOKです。)
  • チェックを入れます。
  • 『登録』をクリックします。

❶〜❹を処理します。

Wordfence:ライセンス取得2

ドロップダウン画面が切り替わります。

以下の「本当に遅延保護が必要ですか?」画面はそのままで!メールを確認します。

ここを離れてメールを確認します。

Wordfence:ライセンス取得3

指定したメールアドレスにWordfenceから 以下のようなメールが届いている筈です。

『Install My License Automatically』をクリックします。

Wordfence:ライセンス取得4 メール

『Install My License Automatically』をクリックすると以下の画面に遷移します。

Email(メールアドレス)とライセンスキーが自動で入力された状態で表示されます。

『ライセンスインストール』をクリックします。

Wordfence:ライセンス インストール

正常にライセンスインストールが完了すると…以下の「無償ライセンスインストール済み」画面が表示されます。

『ダッシュボードへ』をクリックします。

Wordfence:ライセンス インストール済み

画面が切り替わります。

ガイドメニューに従ってダッシュボードをサラッと確認します。

Wordfence:ダッシュボードガイド

以上で インストール作業は全て完了です。

インストールが完了しましたが Wordfenceダッシュボードの画面 最上部に以下のような表示が残ります。

Wordfence Securityの設定方法にて解決していきます。

Wordfence:ファイアーウォール&自動更新有効化

Wordfence Securityの設定方法

この章では、Wordfence Securityの設定方法をご紹介します。

設定の項目は以下の通りです。
  • Wordfence Securityの自動更新設定
  • Wordfence Securityのファイアーウォール最適化
  • Wordfence Securityのファイアーウォールのオプション設定
  • Wordfence Securityのメール通知設定

それでは順番に見ていきましょう。

Wordfence Securityの自動更新設定

Wordfence Securityのインストールが終わった状態では WordPress管理画面のすべてのメニューの最上部に以下の画面が表示されます。(Wordfence 自動更新設定)

まずは、プラグインを最新の状態に保つために『自動更新を有効化します。

『はい、自動更新を有効化します。』をクリックします。

Wordfence:自動更新有効化

『はい、自動更新を有効化します。』をクリックすると上の画面が消え自動更新が有効化されます。

以上で Wordfence Securityの自動更新設定は完了です。

Wordfence Securityのファイアーウォール最適化

Wordfence Securityのインストールが終わった状態では WordPress管理画面のすべてのメニューの最上部に以下の画面が表示されます。(Wordfence ファイアーウォール最適化)

『設定するにはここをクリック』をクリックします。

Wordfence:ファイアウォール設定

以下の「Wordfence Securityのファイアーウォール最適化」画面が表示されます。

手順は以下の通りです。
  •  『.HTACCESSをダウンロード』をクリックします。
    • 任意のデバイスに保存します。重要 不具合が発生した場合に必要です!
  • 『次へ』をクリックします。

❶ ❷を処理します。

Wordfence:ファイアーウォールの最適化1

以下の「インストール成功」画面が表示されます。

『閉じる』をクリックします。

Wordfence:ファイアーウォールの最適化2

Wordfenceのダッシュボード等の最上部から以下の表示がなくなっていることを確認しておきましょう。

Wordfence:自動更新有効化&ファイアーウォールの警告

以上で Wordfence Securityのファイアーウォールの最適化は完了です。

Wordfence Securityのファイアーウォールのオプション設定

Wordfence Web アプリケーションファイアウォールを初めてインストールしたとき、学習モードになります。

「Wordfence ダッシュボード」画面で 学習モードになっているか確認しておきましょう。

もし、初めてインストールしたにも関わらず 何らかの原因で 学習モードになっていない場合は 学習モードに切り替えて Wordfenceに1週間ほど学習させましょう。

以下の上画面の保護有効が表示されていた場合は 学習モードに変更する手順を参考に下画面の学習モードに変更します。

Wordfence:ファイアーウォールの有効
Wordfence ダッシュボード 保護有効

⬇︎

Wordfence:ファイアーウォールの学習モード
Wordfence ダッシュボード 学習モード

学習モードに変更する手順

Menu 『WordPress管理>ダッシュボード>Wordfence>ダッシュボード』をクリックします。

以下の「Wordfence ダッシュボード」画面が表示されます。

『ファイアーウォールを管理』をクリックします。

Wordfence:ダッシュボード

「ファイアーウォールのオプション」画面が表示されます。

web アプリケーションファイアーウォールの状態を変更します。

『有効であり保護中』をクリックします。

Wordfence:ファイアーウォールのオプション(保護有効)

ドロップダウンメニューが表示されるので以下のように変更します。

『有効であり保護中』➡︎『学習モード』に変更します。

『有効であり保護中』➡︎『学習モード』

Wordfence:Web アプリケーションファイアウォールの状態1
Wordfence:Web アプリケーションファイアウォールの状態2

学習モード確認事項

学習モードに変更すると以下のように表示されるので 学習モードの内容を確認します。

Wordfence:Web アプリケーションファイアウォールの状態3

学習モード確認事項

web アプリケーションファイアーウォールの状態

  • 切り替え ▶︎ 学習モード
  • 次のとき自動的に有効化 ▶︎ チェックON
    • 有効化期日が設定日から1週間後になっている

モード変更が完了したら『変更を保存』をクリックします。

最後に…

以下の 「ファイアーウォールのオプション」画面で「web アプリケーションファイアーウォール」と「ファイアーウォール:コミュニティ」が 『現在学習モードです』になっていればOKです。

Wordfence:ファイアーウォールのオプション(学習モード)

以上で Wordfence Securityのファイアーウォールのオプション設定は完了です。

Wordfence Securityのメール通知設定

通知メール設定では デフォルトの設定では 多すぎる警告メールを削減・抜粋します。

PVが増えると当然ハッカーによる攻撃が増えます。そうするとWordfence Securityからの警告メールも増えます。

これがかなり…鬱陶しい!なので 最小限の警告メールにするため以下のようにチェックを変更します。

Menu 『WordPress管理>ダッシュボード>Wordfence>すべての設定』をクリックします。

以下の「すべての設定」画面が表示されます。

「通知メールの設定」まで 下側にスクロールします。

Wordfence:すべての設定

「通知メールの設定」までスクロールすると以下の画面が表示されます。

『通知メールの設定』の領域をクリックします。

Wordfence:すべての設定 通知メールの設定1

以下の「通知メールの設定」画面が表示されます。

チェック項目の変更を行います。

Wordfence:すべての設定 通知メールの設定2

ブルートフォース保護

ブルートフォース保護:ハッカーによる不正ログインを防止します。

ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)とは、ハッカーがクローラーを使いログイン画面で手あたり次第にアカウント名やパスワードを入力してログインを試みることです。

Menu 『WordPress管理>ダッシュボード>Wordfence>すべての設定』をクリックします。

以下の「すべての設定」画面が表示されます。

「ブルートフォース保護」まで 下側にスクロールします。

Wordfence:すべての設定

「ブルートフォース保護」までスクロールすると以下の画面が表示されます。

『ブルートフォース保護』の領域をクリックします。

Wordfence:すべての設定 ブルートフォース保護1

以下の「ブルートフォース保護」画面が表示されます。

規定数の変更とチェック項目の変更を行います。

Wordfence:すべての設定 ブルートフォース保護2

以上で Wordfence Securityのメール通知設定は完了です。

Wordfence Securityの使い方

この章では、Wordfence Securityの使い方をご紹介します。

Wordfence Security は 基本設定がメインで使い方と言っても…以下でご紹介する「スキャン」を実行する程度です。

使い方の項目は以下のとおりです。

スキャン:サイト内を隈無く点検して サイトのヘルスケアをします。

それでは見ていきましょう。

スキャン

ハッカーはサイト内に悪質なファイルを埋め込むことにより、不正アクセスし遠隔操作でサイト内容を改ざんします。

Wordfence Securityのスキャン機能を使うことで、WordPress内に悪質なファイルやURLが埋め込まれていないか点検することができます。

Menu 『WordPress管理>ダッシュボード>Wordfence>スキャン』をクリックします。

以下の「スキャン」画面が表示されます。

『新しいスキャンを開始する』をクリックします。

Wordfence:スキャン

サイト内に問題がなければ上の画面赤枠のようなチェックが表示されます。

問題がある場合は、 で表示されます。

※ アイコン部分をクリックすると原因と問題解決のガイドが表示されるので対策しましょう。

定期的に『スキャン』を実行してサイトのヘルスチェックをしましょう。\おすすめ!^^/

まとめSWELLのおすすめプラグインWordfence Securityの設定方法と使い方

SWELLのおすすめプラグインWordfence Securityの設定方法と使い方をご紹介しました。自身のサイトを安全!健全に!保つために是非この記事をご活用ください。

「最後まで、ご観覧いただきありがとうございました。」
また、次の記事で…お会いしましょう。\^^/

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 "Contents"