WordPressテーマ ▶︎ AFFINGER6 関連の記事 はこちらから!AFFINGER6

SEOキーワードの選定「入れ方・探し方・選び方・おすすめツール」をブログ初心者向けに徹底解説!

【ブログのSEO】キーワードの入れ方とおすすめツールを徹底解説!

こんにちは "osaboo"osabooです。"@osaboo_Bot"

\上位表示を狙うための!キーワード選定/
キーワードの入れ方・選び方・おすすめツールを使った探し方を詳しく解説します!

Question

キーワードを意識してブログ記事を書く?っていうけど…
どんな感じでキーワードを入れればいいの?
適切なキーワードの選び方や入れ方について知りたい!

osaboo

\了解!/
キーワードの選定「入れ方」「探し方」「選び方」を解説するよ!
合わせて…おすすめ「キーワードツール」も紹介します。

キーワードをブログ記事に入れる理由は…SEOの観点から上位表示を目指す上でとても重要だからです。

平たく言えば…Google等の検索エンジンで上位表示されるためにブログ記事の要所にキーワードを入れます。
キーワードを上手に入れれば、より多くの人にブログ記事を見てもらえる!ということになります。

「頑張って書いた書いた記事だから、多くの人に読んでもらいたい!」をより現実的にするコツですよ。^^/

※ SEO(Search Engine Optimization):検索エンジン最適化

この記事でわかること!
  1. キーワードの入れ方(SEOキーワード)
    1. h1:タイトル(投稿タイトル)
    2. h2:見出しタグ(本文のタイトル大見出し)
    3. h3:見出しタグ(本文のタイトル中見出し)
    4. 本文:pタグ(キーワードと共起語)
    5. メタディスクリプション
  2. キーワードの探し方(SEOキーワード)
    1. インスピレーションでキーワード候補をピックアップ
    2. ラッコキーワードでサジェストキーワードを調べる
    3. キーワードプランナーで検索ボリュームを確認する
  3. キーワードの選び方(SEOキーワード)
    1. ロングテールキーワードを選ぶ
    2. 月間平均検索ボリュームと照らし合わせる
    3. Google検索の上位サイトを確認する
  4. おすすめキーワードツール(SEOキーワード)
    1. ラッコキーワード
    2. キーワードプランナー
    3. 共起語検索
  5. まとめ!

それではご覧ください。

目次 "Contents"

キーワードの入れ方(SEOキーワード)

この章では、キーワードの入れ方についてご紹介します。

キーワードをブログ記事のどこに散りばめるか!ポイントとなる基本的な場所と位置を解説します。

「キーワードを入れる重要な場所は5箇所」です。

キーワードを入れる重要な場所(5箇所)
  • h1:タイトル(投稿タイトル)
  • h2:見出しタグ(本文のタイトル大見出し)
  • h3:見出しタグ(本文のタイトル中見出し)
  • 本文:pタグ(キーワードと共起語)
  • メタディスクリプション

それでは順番に見ていきましょう。

h1:タイトル(投稿タイトル)

h1:タイトル(投稿タイトル)には、必ずキーワードを入れます。

h1:タイトル(投稿タイトル)は、記事の内容を簡素に読者に伝えるために重要なセクションです。SEO的にも同様でタイトル次第で検索順位が大きく変わってしまうこともしばしばあります。

なので…必ず!キーワード入れるようにしましょう。

h1:タイトル(投稿タイトル)にキーワードを入れる時のポイント

  • キーワードは、必ず入れる。(全てのキーワードを入れるよう意識する)
  • 重要な単語(キーワード)部分は、27文字(基準値)前後までに収める。
    (重要なキーワードほど左に詰める)
  • 全文は、33文字(基準値)前後にまとめる。
    (60文字を越えなければOK。「当サイトでは50文字未満を意識しています」近年では長いタイトルの記事が上位を占める傾向にある?未検証)

※ 注)全角:2バイト / 半角:1バイト・・・なので多少の調整は必要です。

例題

この記事の「h1:タイトル(投稿タイトル)」をベースにすると…
キーワードは「キーワードSEO」の2つです。このキーワードを入れた場合の一例を以下にご紹介します。

※ 記事の内容に沿ったタイトルをつけましょう。

h1:タイトル(34文字)◎

SEO対策に必須!キーワードの入れ方・探し方・選び方・おすすめツール

タイトル文字数を意識して33文字を狙いキーワードは極力左に詰め、パワーワードを付加したものになっています。
※ パワーワード:必須!

h1:タイトル(43文字)△

キーワードの入れ方・探し方・選び方・おすすめツール:効果的なSEO対策のポイント解説!

タイトル文字は50文字未満を意識して記事情報を重視して左詰め、やむ追えずキーワードの一つが右側になっています。SNS等では右側のキーワードが表示されません。
※ AIでSEO最適化して候補に出るので…悪くはないはず?!

h1:タイトル(43文字)◯

SEOキーワードの入れ方・探し方・選び方・おすすめツール:初心者向けの完全ガイド!

タイトル文字は50文字未満を意識してキーワードと記事情報を左詰め、補助的要素を右側にしてます。
※ AIでSEO最適化して候補に出るので…悪くはないはず?!

h2:見出しタグ(本文のタイトル大見出し)

h2:見出しタグ(本文のタイトル大見出し)には、h1:タイトル(投稿タイトル)と同様に 必ずキーワードを入れます。

検索エンジンが記事の構成を判断する際「h2:見出しタグ(本文のタイトル大見出し)」が重視されるので必ずキーワードは入れましょう。

h2:見出しタグ(本文のタイトル大見出し)にキーワードを入れる時のポイント

  • キーワードは、必ず入れる。(全てのキーワードを入れるよう意識する)
  • 重要な単語(キーワード)部分は、重要なキーワードほど左に詰める。
  • 全文は、30文字程度にまとめる。19文字以下がおすすめ!
    (SWELLサイトバーに目次がある場合は、全角19文字まで1行表示可能)

SWELLでサイドバーに目次を表示している場合は、全角19文字以内、それ以上は注釈を使うと目次で非表示になるため見やすく調整できます。自動で折り返しされ、20文字以上になると2行で表示されます。
「見栄えがあまり良くない?!気にしなければOKです」参考まで…

例題

この記事の「h2:見出しタグ(本文のタイトル大見出し)」をベースにすると…
キーワードは「キーワードSEO」の2つです。このキーワードを入れた場合の一例を以下にご紹介します。
「h1:タイトル(投稿タイトル)と同様です」

h2:見出しタグ(19文字)◎

キーワードの入れ方(SEOキーワード)

サイドバーに表示される目次で2行にならないように意識して19文字以内にしています。

h2:見出しタグ(22文字)◯

おすすめキーワードツール(SEOキーワード)

タイトルの名称を優先したので19文字を越えています。サイドバーに表示される目次では2行になります。

h3:見出しタグ(本文のタイトル中見出し)

h3:見出しタグ(本文のタイトル中見出し)には、なるべくキーワードを入れます。

検索エンジンが記事の構成を判断する際「h3:見出しタグ(本文のタイトル中見出し)」は若干軽視されますが、なるべくキーワードは入れましょう。

h3:見出しタグ(本文のタイトル中見出し)にキーワードを入れる時のポイント

  • キーワードは、なるべく入れる。(最重視キーワードを入れるよう意識する)
  • 重要な単語(キーワード)部分は、重要なキーワードほど左に詰める。
  • 全文は、30文字程度にまとめる。19文字以下がおすすめ!
    (SWELLサイトバーに目次がある場合は、全角19文字まで1行表示可能)

SWELLでサイドバーに目次を表示している場合は、全角19文字以内、それ以上は注釈を使うと目次で非表示になるため見やすく調整できます。自動で折り返しされ、20文字以上になると2行で表示されます。
「見栄えがあまり良くない?!気にしなければOKです」参考まで…

例題

この記事の「h3:見出しタグ(本文のタイトル中見出し)」をベースにすると…
キーワードは「キーワード・SEO」の2つですが…キーワードが無い・もしくは1つしか無い という感じになっています。

h3:見出しタグ(21文字)△

h3:見出しタグ(本文のタイトル中見出し)

キーワードは入っていません。記事の用途のみの見出しになっています。

サイドバーに表示される目次で2行にならないように意識して19文字以内にしています。
マーキング部分を『注釈』にしています。

SWELLで見出しを隠すカスタマイズに興味のある方はこちらで…

h3:見出しタグ(17文字)◯

本文:pタグ(キーワードと共起語)

最重視キーワードのみ入れてあります。「なるべくキーワードを入れたい」を意識した見出しになっています。

サイドバーに表示される目次で2行にならないように意識して19文字以内にしています。

SEOに効果的な見出しの書き方を詳しく解説しているので、興味のある方は以下の記事をご覧ください。

本文:pタグ(キーワードと共起語)

本文:pタグには、キーワードに加えて共起語を織り交ぜながら本文:pタグ(コンテンツ)を作っていきます。

共起語とは、任意キーワードの文章を書くにあたって「キーワードと合わせて使用される確率が高いワード」です。
検索ワードを入力すると、共起語として認識されていると思われる単語を出力します。

https://neoinspire.net/cooccur/

共起語検索サイトの移動すると以下の画面が表示されます。

検索ワード(キーワード)を検索窓に入力して『検索』をクリックします。

以下の画面では『SEO』と入力して検索しています。

Web:共起語検索

検索が完了すると共起語リスト(ピンク破線枠)が表示されます。

『SEO』と検索した共起語リストは、以下のように表示されます。

解説(16)  検索(15)  対策(14)  エンジン(14)  サイト(13)  初心(13)  資料(12)  情報(12)  広告(12)  表示(11)  紹介(10)  上位(10)  記事(10)  制作(9)  セミナー(9) サービス(9)  知識(9)  ページ(9)  無料(9)  事例(9)  一覧(9)  最新(8)  会社(8)  施策(8)  基本(8) 

この中の共起語を本文:pタグ(コンテンツ)に織り交ぜていきます。文章の流れに沿って無理なく入れていきます。

osaboo

頑張りどころです。

共起語を無闇に乱用して本文が乱れないように注意し、自然な形で違和感のないように共起語を織り交ぜましょう。

不自然な本文(文章)はかえってマイナス効果になります。

見出し全般と本文の書き方(コンテンツの作り方)について詳しく解説しているので、興味のある方は以下の記事をご覧ください。

メタディスクリプション

メタディスクリプションには、必ず全てのキーワードを入れます。

メタディスクリプションとは、記事の要約を120文字前後でまとめたもので、Web上での検索一覧でタイトルの下に表示されます。

また、検索クエリ(検索キーワード)と一致した単語が太文字で表示されます。

メタディスクリプションにキーワードを入れる時のポイント

  • キーワードは、必ず全て入れる(目安とするキーワードの数3〜5個)
  • 記事の内容を要約する(白紙の場合は自動作成される)
  • PCでは全角120文字程度で納める(SPでは100文字程度で納める)注意一般的な基準値
    • 当サイトでおすすめする文字数はPC/SPとも70文字前後(詳細は以下記事で解説)

検索一覧サンプル

YahooとGoogleで同じように検索したサンプルをご覧ください。

Yahooで検索するとこんな感じです。

Web:メタディスクリプション|Yahoo

Googleで検索するとこんな感じです。

Web:メタディスクリプション|Google

メタディスクリプションは、記事作成(エディター)画面の下の方にあります。

この赤枠内に120文字程度で納めます。

エディター:メタディスクリプション
osaboo

大きな問題はないようだが…メタディスクリプションの表示が変化してきている?!このままでいいのか気になったんで…調べたよ。

キーワードの探し方(SEOキーワード)

この章では、キーワードの探し方をご紹介します。

そもそも「SEO」?…キーワードを探す前にちょっとだけ理解しておきましょう。

SEOの要点を簡単に要約すると…

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジン最適化の略で、ウェブサイトやウェブページが検索エンジンによって適切に評価され、検索結果で上位に表示されるようにするためのプロセスや手法です。主な目的は、特定のキーワードやフレーズに関連するコンテンツが検索エンジンのアルゴリズムによって理解され、ランキング向上に寄与することです。

主なSEOの要点には以下が含まれます:

  1. キーワードリサーチ: 検索ユーザーが使うであろうキーワードやフレーズを調査し、それを元にコンテンツを最適化します。
  2. コンテンツ最適化: ウェブページのコンテンツをキーワードに適した形で作成・編集し、検索エンジンが理解しやすくします。
  3. リンクビルディング: 外部の信頼性のあるサイトからのリンクを獲得し、ウェブサイトの権威性を向上させます。
  4. テクニカルSEO: ウェブサイトのテクニカルな側面を最適化し、クローラーがサイトを正しく理解できるようにします。
  5. ユーザーエクスペリエンスの向上: サイトの読みやすさやナビゲーションのしやすさなど、ユーザーエクスペリエンスを向上させることも重要です。

SEOを適切に実施することで、ウェブサイトは検索エンジンでの表示順位を向上させ、より多くの検索ユーザーにアクセスされやすくなります。

osaboo

「SEO・アフィリエイト・ライティング」についてもっと知りたい方向け!
初心者さんにおすすめの書籍を抜粋!!

SEOに関する書籍は…以下の記事の『目次:3|SEOライティングを学べる書籍』がおすすめです。
他にも有益な書籍をピックアップしているのでご覧ください。

こちらは姉妹サイトで「アフィリエイトで稼ぐために!」初心者さん向けに抜粋した書籍を一挙にご紹介しています。時間が許す方は是非ご覧ください。

ザックリ!SEO が理解できたら、とにかく!記事を書いて実践あるのみです。^^/

キーワードの探し方(SEOキーワード)3 STEP
  1. インスピレーションでキーワード候補をピックアップ
  2. ラッコキーワードでサジェストキーワードを調べる
  3. キーワードプランナーで検索ボリュームを確認する

それでは、キーワードを探していきましょう。

STEP1
インスピレーションでキーワード候補をピックアップ

誰に向けてどんな記事を書くか考えます。
「何が知りたい?何に困っている?何に悩んでいる?」等(自分に当てはめると良いですよ)

yajirusi-sita-80x40

その人は、どのようなワード(言葉)で検索するかを考えます。
あなたのインスピレーションでOKです。
10〜15個程度を目安に考えてみましょう。

この記事をベースにすると…

  • キーワードの入れ方
  • キーワード検索ツール
  • SEOキーワード

こんな感じで 10〜15個程度あげてみましょう。

yajirusi-sita-80x40

インスピレーションで出たワード(言葉)を絞り込みます。
3〜5個程度を目安に絞り込みます。▶︎ これが!『キーワード
重要 ポイントは「記事の中で多く使う単語」で「記事全体をイメージできる単語」です。

この記事をベースにすると…

  • キーワード
  • SEO
  • 初心者

こんな感じで 3〜5個程度に絞り込みます。

次の STEP2 では、絞り込んだキーワードのサジェストキーワードを調べます。

※ サジェストキーワードとは、検索エンジンやウェブサイトの検索バーでユーザーがキーワードを入力する際に、自動的に提案される関連キーワードやフレーズのことです。これらの提案は、過去の検索履歴や他のユーザーが頻繁に検索するキーワードに基づいて生成されます。

サジェストキーワード(赤枠部)

Web:サジェストキーワード|Google

STEP2
ラッコキーワードでサジェストキーワードを調べる

インスピレーションから絞り込んだ「キーワード」を元に「サジェストキーワード」を調べます。

絞り込んだキーワードに付加される単語にはどのようなものがあるかを調べます。

自分で考えるには限界があるので…ラッコキーワードというツールを使います。
「もちろん無料です。 ^^」

「ラッコキーワードを使ったことがない」という方は、こちらをご覧ください。
登録方法から使い方まで全てがわかるように解説しています。

ラッコキーワードに移動して、検索窓にキーワードを入力して検索アイコンをクリックします。

以下サンプルでは、検索するキーワードに ❶『キーワード』と入力して ❷『検索アイコン』をクリックします。

ラッコキーワード:トップ
yajirusi-sita-80x40

以下の画面が表示されます。

赤枠部がサジェストキーワードです。
赤破線はより詳細で多くのサジェストキーワードが表示されます。

ラッコキーワード:Googleサジェスト|一覧

次の STEP3 では、キーワードプランナーを使ってサジェストキーワードの検索ボリュームを調べます。

キーワードプランナーを使って サジェストキーワードの検索ボリュームを調べるため、検索したサジェストキーワードを全てコピーします。(後で、キーワードプランナーにペーストします)

Googleサジェストの画面左上の『全キーワードコピー(重複除去)』をクリックします。

ラッコキーワード:Googleサジェスト|全キーワードコピー

STEP3
キーワードプランナーで検索ボリュームを確認する

検索したサジェストキーワードが、どのくらい検索されているのか確認します。
「どのくらいの需要を見込めるかの目安になります」

キーワードプランナーとは、Adsが提供しているツールでキーワードの提案やキーワードの検索ボリューム、競争レベル、予測される入札額などの情報が得られます。キーワードを選定し、効果的な広告戦略を構築するのに役立てることができます。

重要 月間平均検索ボリューム:1ヶ月の間に、何回くらい検索されているかの回数

「キーワードプランナーを使ったことがない」という方は、こちらをご覧ください。
登録方法から使い方まで全てがわかるように解説しています。

キーワードプランナーに移動します。(以下の画面はログイン後の画面です)

『検索ボリュームと予測のデータを確認する』をクリックします。

キーワードプランナー:トップ
yajirusi-sita-80x40

以下の画面が表示されます。

❶ 検索のボリュームと予測のデータを確認するの窓(赤枠部)にラッコキーワードでコピーした『全キーワードコピー(重複除去)』をペーストします。
❷ 『開始する』をクリックします。

キーワードプランナー:検索ボリュームと予測のデータを確認する
yajirusi-sita-80x40

以下の画面が表示されます。

着目すべきは「月間平均検索ボリューム」です。

キーワードプランナー:検索ボリュームと予測のデータを確認する|月間検索ボリューム

個人ブログ運営の場合「月間平均検索ボリューム:100〜1000」サジェストキーワードの中から探すのがおすすめ!

以上でキーワードは探し終えました。
次の章では、いよいよブログに入れるキーワードの選んでいきます。

キーワードの選び方(SEOキーワード)

この章では、キーワードの選び方をご紹介します。

前章までで、探し出したキーワードをどのように選んで、ブログに入れるかをこの章でご紹介します。

重要 サジェストキーワードと月間検索ボリュームを照らし合わせて最良を探す。

キーワードの選び方(SEOキーワード)3 STEP
  1. ロングテールキーワードを選ぶ
  2. 月間検索ボリュームと照らし合わせる
  3. Google検索の上位サイトを確認する

それでは順番に見ていきましょう。

STEP1
ロングテールキーワードを選ぶ

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは、通常、3つ以上の単語で構成された具体的で詳細な検索キーワードやフレーズを指します。これは、一般的な短いキーワードよりも具体的でニッチな検索を表します。

例えば、一般的な短いキーワードが「デジタルカメラ」であるとすれば、それに対するロングテールキーワードは「コンパクトデジタルカメラの比較」や「防水機能付きデジタルカメラのレビュー」のように、特定の製品や情報に焦点を当てたものです。

ロングテールキーワードは、競争が少なく、ユーザーが求める具体的な情報にマッチしているため、ウェブサイトやブログなどのコンテンツを最適化する際に重要です。また、コンバージョン率を向上させる上で有益です。

ロングテールキーワード:3つ以上の単語で構成されたキーワード(3単語がおすすめ)

キーワードの特徴と用途

超簡単に!キーワードを分類すると以下のようになります。

  • 集客を目的とした知的情報収集用のキーワード
  • 収益を目的とした販売用のキーワード
集客を目的とした情報収集用のキーワード
  • SEO 対策 とは
  • WordPress ブログ 書き方
  • Mac 強制終了 コマンド

上記のようなキーワードは、読者が情報収集のために検索しているため、収益には繋がりにくいです。

初心者さんはこの種のキーワードで記事を量産し、ドメインパワーをつけましょう。

収益を目的とした販売用のキーワード
  • seo キーワード選定 ツール
  • WordPress ブログ テーマ おすすめ
  • Mac 充電器 比較

上記のようなキーワードは、読者の購入意欲がある前提で検索しているため、収益に繋がり安いです。

慣れてきたら収益に繋がるアフィリエイト記事を書いていきましょう。

ここでの解説は、アフィリエイト広告をブログに掲載することを前提としています。

「キーワードの選ぶ方法をもっと詳しく知りたい!」という方は、以下の記事がおすすめです。

STEP2
月間平均検索ボリュームと照らし合わせる

ロングテールキーワードを選ぶと同時に「月間平均検索ボリューム」を確認しましょう。重要

キーワードプランナー:月間検索ボリューム 拡大

重要なのでもう一度書いておきます。

個人ブログ運営の場合「月間平均検索ボリューム:100〜1000」サジェストキーワードの中から探すのがおすすめ!

まとめると…

3単語のキーワード」を決め「月間平均検索ボリューム:100〜1000」にあるか確認する。

目安ですが…かなり重視しています。(筆者私見)
簡単の覚えられるので是非トライしてみてくださいね。

STEP3
Google検索の上位サイトを確認する

Google検索の上位サイトを確認しましょう。

検索結果一覧で確認すること

以下サンプルでは「SEO キーワード 初心者」で検索しています。

チェックする項目は…

  • 検索件数:「需要」
  • 上位を占めているサイトの種類:「企業or個人」
  • 個人ブログのサイトはどのあたりで出てくるのか?「個人ブログ」
  • 上位サイトのタイトルの付け方を参照:「タイトル」
Web:「SEO キーワード 初心者」検索|Google
検索件数:「需要」

キーワードの組み合わせで数変動します。
約1,000,000件以下が、難易度「低〜中」の目安

上位を占めているサイトの種類:「企業or個人」

上位に「企業・公的」サイトしかなく、個人ブログのサイトがない場合は、そのキーワードでは上位を狙うことはできません。難易度「高」

個人ブログのサイトはどのあたりで出てくるのか?:「個人ブログ」

検索ページの1ページ目に個人ブログのサイトがあればOKです。
(1ページ目に個人ブログのサイトが多くあれば難易度が下がると考えれば良いかと…)

上位サイトのタイトルの付け方を参照:「タイトル」

目を引くタイトルを参考にすると良いかと…

上位サイトのコンテンツをチェック

あなたが目を引く上位サイトを選んでコンテンツを確認してみてください。

チェックする項目は…

  • 「想定読者・疑問」誰に向けてどのような問題を解決するのか:リード文
  • 「回答」それぞれの解決方法:見出しタグ(h1・h2・h3)

上記の観点から、上位サイトのコンテンツをチェックしてみましょう。

きっと!あなたが書こうとしている記事の参考になる筈です。注)まるパクリNG

あまり考えすぎると…記事が書けなくなってしまうので注意しましょう。

おすすめキーワードツール(SEOキーワード)無料

今回この記事で使った「キーワードツール」を改めてご紹介します。

どれもキーワードを有効に使うためには必須の無料で使えるツールです。

是非、ご活用ください。

おすすめキーワードツール(SEOキーワード)
  • ラッコキーワード
  • キーワードプランナー
  • 共起語検索

ラッコキーワード

ラッコキーワード公式ページはこちら!

ラッコキーワード:トップ

登録方法使い方はこちら!

キーワードプランナー

キーワードプランナー公式ページはこちら!

キーワードプランナー:トップ

登録方法使い方はこちら!

共起語検索

共起語検索公式ページはこちら!

共起語検索:トップ

登録不要 Webサイトで直接検索できます!

まとめ!SEOキーワードの選定「入れ方・探し方・選び方・おすすめツール」をブログ初心者向けに徹底解説!

SEOキーワードの選定「入れ方・探し方・選び方・おすすめツール」を初心者さん向けに浅く広く解説してみました。
突っ込んだ詳細記事は要所に貼り付けてあるので参考にしてみてください。
あまり頭でっかちになるより、記事を増やしながら、実戦の中で、少しずつSEOやライティングを学んで行くと長くブログを書き続けられると思います。この記事が少しでもお役に立てば嬉しいです。

「最後まで、ご観覧いただきありがとうございました。」
また、次の記事で…お会いしましょう。\^^/

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 "Contents"