WordPressテーマ ▶︎ AFFINGER6 関連の記事 はこちらから!AFFINGER6

【SEO入門】初心者でもわかる!はじめにやるべきSEO対策「基本を学ぼう」

【SEO入門】初心者でもわかる!はじめにやるべきSEO対策「基本を学ぼう」

こんにちは "osaboo"osabooです。"@osaboo_Bot"

「SEO って何?」という初心者さん向けにSEO対策の基本を分かりやすくご紹介します。

SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」と言われる 検索結果でサイトを上位表示させるための施策の総称です。

\ 最新版のSEO対策の基本を学んで検索上位を狙いましょう。^^/

こんな方におすすめ!
  • SEO対策ってよく目にするけど…何すればいいの?
  • 検索順位を上げたい!
  • そもそもSEOって何?
この記事でわかること!
  1. SEO対策とは?
  2. SEO対策のメリット・デメリット
  3. SEO対策とGoogle検索エンジン
  4. 最初にやるべきSEO対策(効果が高い施策)
  5. SEO対策鉄板ツール!Google「AnalyticsとSearchConsole」を活用する

それではご覧ください。

目次 "Contents"

SEO対策とは?

SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」と言われる 検索結果でサイトを上位表示させるための施策の総称です。

検索エンジンでの上位表示は、検索結果からの「流入・売上・リード獲得」等を大きく増やすことに貢献します。また、オーガニック検索(自然検索)からの「流入・量・質」を改善することをSEOと言います。

SEOは、検索エンジンのアルゴリズムに基づいて Webサイトのコンテンツや構造を最適化するプロセスで、キーワードの適切な選定や配置、メタデータの最適化、コンテンツの品質向上、ページ速度の最適化、外部リンクの獲得などを含みます。

osaboo

?むずい…ぶっちゃけると!
「頑張って作ったサイトや記事をより多くにユーザー(読者)に高評価してもらうためには何をすると効果的なのか!っていうことだよ。

SEO対策の種類(概要)

SEO対策と一口に言ってもいろいろあるのでここで整理しておきましょう。

スクロールできます
SEO対策の種類
内部の施策検索結果に反映される要素の最適化ユーザーの行動に反映される要素の最適化サイト特性に合わせた機能の実装検索エンジンに関連する最適化
外部の施策外部に引用されるような高品質なサイト・コンテンツ設計SNSアカウントの運用関連ポータルサイトへの登録関連メディアとの交流
コンテンツの施策検索意図を満たすコンテンツ制作オンリーワン(独自の価値)の発信専門性・権威性・信頼性の担保読みやすく分かりやすい構造設計

「対策」と「施策」は、ともに特定の目的や問題に対して行動するための手段や方針を指す言葉ですが、微妙な違いがあります。
対策はある問題やリスクに対する具体的な手段や方策を示し、施策はある目的や政策を達成するための具体的な行動や政策を示します。

次に、内部施策と外部施策について簡単にご紹介します。

コンテンツの施策については、わかりやすく分けて後述しますね。

内部の施策

SEO対策における「内部の施策」には以下のような項目があります。

  • サイト構造・サイト設計
    • Webサイトの目的を明確化し、ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツを設計します。また、サイトマップやナビゲーションメニューを作成して サイト内の階層構造を明確にし、ユーザーと検索エンジンがサイト内をスムーズに移動できるようにします。
  • 内部リンクの設計
    • サイト内のページ同士を結ぶリンクの設計を行い、ユーザーと検索エンジンがサイト内をスムーズに移動できるようにします。
  • タイトルタグ(h1)の調整
    • 各ページのタイトルタグを適切に設定し、ページの内容を適切に表現します。
  • メタタグ(メタディスクリプション)の調整
    • メタディスクリプションを工夫して設定し、ユーザーが検索結果で該当ページをクリックしやすくします。
  • 見出し(hタグ)の調整
    • ページ内の見出し(hタグ)を適切に設定して、コンテンツの構造を明確にします。
  • パンくずリストの最適化
    • ページの階層構造を示すパンくずリストを設置し、ユーザーがサイト内を理解しやすくします。
  • 構造化データのマークアップ(目次)の最適化
    • ページ内の目次を構造化データとしてマークアップすることで、検索エンジンがコンテンツの構造を理解しやすくなり、検索結果に豊富な情報を表示できるようにします。

外部の施策

SEO対策における「外部の施策」には以下のような項目があります。

  • 被リンクを獲得
    • 対象Webサイトのドメイン以外から対象Webサイトに多くのリンクを集めることです。

SEO対策のメリット・デメリット

この章では、SEO対策の「メリットや効果」と「デメリットや注意点」をご紹介します。

「SEO対策には「根気が要る!」ということがわかると思います」

SEO対策のメリットや効果

SEO対策のメリット(効果)は、以下の4つです。

  1. 有機的なトラフィック増加
    • SEO対策を行うことで、検索エンジンからの有機的なトラフィックが増加します。つまり、広告費をかけずに、ユーザーが自然にWebサイトを訪れるようになります。
  2. 信頼性とブランドイメージの向上
    • 検索エンジン上位にランク付けされることで、ユーザーはWebサイトを信頼しやすくなります。また、高いランキングはブランドの信頼性や専門性を示す指標となります。
  3. コスト効率の良さ
    • SEOは、有料広告と比較してコスト効率が良い方法です。一度最適化すれば、持続的なトラフィックを獲得することができます。
  4. ターゲットオーディエンスの引き付け
    • SEO対策を行うことで、ターゲットオーディエンスが検索するキーワードでWebサイトが表示されるようになります。その結果、興味を持ったユーザーがWebサイトを訪れる可能性が高まります。

これらのメリットや効果を活用することで、Webサイトの成長やビジビリティの向上を実現することができます。

SEO対策のデメリットや注意点

SEO対策のデメリットは、以下の4つです。

  1. 結果が時間がかかること
    • SEOは効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。検索エンジンのアルゴリズム変更や競合他社の動向によって、成果が見込めるまでに数か月から数年かかる場合もあります。
  2. 成果が保証されないこと
    • SEOの成功は保証されません。競争が激しいキーワードや業界では、上位ランキングを獲得するのが難しい場合があります。
  3. 技術的な知識が必要
    • SEOは技術的な知識が必要な場合があります。Webサイトの構造やコンテンツの最適化に関する知識が必要です。また、検索エンジンのアルゴリズムの変更に迅速に対応する必要があります。
  4. コンテンツの質の維持
    • SEOのためにキーワードを埋め込んだり、リンクを増やすことで、コンテンツの質が低下する可能性があります。SEO対策を行う際には、ユーザーの価値と満足度を最優先に考えることが重要です。

これらのデメリットや注意点を理解し、適切なSEO戦略を立てることが重要です。

SEO対策とGoogle検索エンジン

Googleのアルゴリズムの進化に伴い「古い」SEO対策という検索エンジン攻略法が意味をなさなくなってきています。

では…どうする?!

Googleが「どのように考え評価するのか」を理解しておきましょう。

Google が掲げる 10 の事実

Google が掲げる 10 の事実
Google が掲げる 10 の事実

Google が掲げる 10 の事実にはGoogleの考え方が詰まっています。一度は目を通しておきたい記事です。

第1項のタイトルは以下のように掲げています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

漠然としていますが…ここが肝!だと思います。

ユーザーファーストでやってれば結果はついてくるって言いてるんですね。
サイト内のすべてのページに対してユーザー(読者)目線で作成するように心がけましょう。

Google 検索の基本事項

Google 検索の基本事項
Google 検索の基本事項

Google 検索の基本事項は、Google 検索セントラルのドキュメントです。
短いページですが、ページにある各リンクを辿って専門的な用語や表現を理解できるよう一読しましょう。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド
検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドは、Google 検索セントラルのドキュメントです。
前章の「Google 検索の基本事項」に続けて読むと良いですよ。

このページでは検索結果の表示や記事を作成する上でのSEOに関する要否がざっくり理解できます。

SEOの対策を手がける前に…Googleの考え方を理解する意味でも、この章でご紹介した3つの記事に目を通すことをお勧めします。「SEO対策で後戻りしないためにも是非一読しておきましょう」

※ 上記 3つの記事は…サイト運営で迷った時に何度も読み返すと良いかもしれません。

Google が重要でないと考えること:初心者重要チェックポイント

ここでご紹介するのは「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」の後半に記載されてる部分の抜粋です。「無駄な対策をしないためにピックアップしました」

Google が重要でないと考えること

SEO が変化するにつれ、関連する考え方や方法も(そしてときには誤解も)変化してきました。かつてはベスト プラクティスや最優先事項だと思われていたことが、検索エンジン(とインターネット)の発展とともに、的外れで効果的ではない場合があります。

皆さんが SEO に関して本当に重要なことに集中できるように、インターネットで特によく見かける目立ったトピックを集めました。ここでお伝えしたいのは、皆さんのビジネス分野に最も適したことを行っていただきたいということです。ここでは具体的なポイントをいくつか説明します。

メタ キーワード
Google 検索はキーワード メタタグを利用しません。

キーワードの乱用
同じ言葉を何度も繰り返すことは(多少変化を持たせても)ユーザーをうんざりさせてしまうほか、キーワードの乱用は Google のスパムに関するポリシーに違反することにもなります。

ドメイン名や URL パスの中のキーワード
サイト名を選ぶ際には、ビジネスに最もよく合った名前を選んでください。ユーザーはこの名前を使ってあなたのサイトを見つけるので、一般的なマーケティング プラクティスに沿って決めることをおすすめします。ランキングという観点で見ると、ドメイン名(または URL パス)中のキーワードだけでは、パンくずリストに表示される以上の効果はほとんどありません。
ドメイン名の話題が続きますが、TLD(「.com」や「.guru」のようなドメイン名の最後)に意味があるのは、特定の国のユーザーをターゲットにしている場合だけですが、その場合でも通常このシグナルの影響は弱いものです。たとえば、スイスから検索している人にオランダのチーズを売ろうとしている場合は、「.ch」というドメイン名を利用することにも(ビジネスと SEO の観点で)多少の意味があります。それ以外の場合、どの TLD が使用されているか(「.com」か「.org」か「.asia」か)が Google 検索で考慮されることはありません。

コンテンツの最小長と最大長
上位に表示させるという目的に関しては、コンテンツの長さだけを調節しても無意味です(魔法の文字数も、最小や最大の文字数も存在しませんが、おそらくゼロにすべきではないでしょう)。言葉にバリエーションを持たせていれば(反復にならないように自然な書き方をしていれば)、単純に使用するキーワードが増えるので、Google 検索に表示されるチャンスは多くなります。

サブドメインかサブディレクトリか
ビジネスの観点からは、ビジネス上意味があればどちらでも構いません。たとえば、サブディレクトリに分割するとサイトの管理が容易になるかもしれませんし、サイトのトピックや業種によってはトピックをサブドメインに分割することに意味があるかもしれません。

PageRank
Google の基本的なアルゴリズムの一つである PageRank ではリンクを利用していますが、Google 検索ではほかにも多くのものを利用しています。多数のランキング シグナルを利用しており、PageRank はその一つにすぎません。

重複コンテンツは「ペナルティ」になる
複数の URL からアクセスできるコンテンツがあっても問題はなく、気にする必要はありません。非効率ですが、手動による対策が必要になることはありません。ただし、他人のコンテンツをコピーすることは、また別の話です。

見出しの数や順序
見出しを意味的な順番にすることは、スクリーン リーダーにとっては素晴らしいことですが、Google 検索にとっては順番どおりに使われていなくても問題ありません。ウェブは一般に正しくない HTML で書かれています。そのため、Google 検索が HTML 規格に潜むセマンティックスの意味に依存することはめったにありません。
また、ページごとに魔法の見出し数や理想的な見出し数といったものが存在することもありません。ただ、リンクの数が多すぎると感じる場合、実際にそうである可能性が高いと言えます。

E-E-A-T をランキング要因と考える
いいえ、そのようなことはありません。

※ 引用文中のリンクも切っていないので参考にしてください。

最初にやるべきSEO対策(効果が高い施策)

SEO対策で効果が高い施策をご紹介します。

※ 以下の項目は、優先度と手がけやすさを元にナンバーリングしています。

最初にやるべきSEO対策(効果が高い施策)
  1. タイトル(h1)
  2. リード文
  3. 内部リンク
  4. メタディスクリプション
  5. 情報更新(最新情報追記・変更)
  6. 共起語
  7. 競合調査
  8. ビジュアル
  9. 外部リンク
  10. AIの活用

それでは順番に見ていきましょう。

1. タイトル(h1)

最も重要で手をつけやすいのが「タイトル(h1)」です。

  • タイトルには必ず、キーワードを入れる
    • キーワードの数は、3〜5個を目安にします。
  • タイトルの文字数を調整する
    • タイトルの文字数は30文字前後を重視し60文字未満とします。重要なキーワードは左側30文字以内に詰めます。
    • Google検索結果一覧に表示されるタイトルの文字数は32文字前後です。
  • パワーワードや数字を入れてクリック率を上げる工夫をする
    • 【7つの特典付き】【テンプレート5個】等クリックしたくなるような言葉が有効です。

検索上位の記事を参考にするとわかりやすいと思います。

2. リード文

リード文は、記事の最上部に位置し、読者の関心を引きつけるための重要な部分です。また、検索エンジンが自動的に作るスニペットはリード文を使用している場合が多く、検索エンジンが重要視していると考えられます。

  • リード文で記事の内容を簡素に要約する
    • 読者の興味を惹きつける内容を「短く・わかりやすく」掲示することで読者が本文を読みたくなるように工夫します。
  • リード文の文脈には「問いかけ・比喩」を使用すると有効
    • 「〇〇で悩んでいませんか?」「〇〇の悩みを解決」等がWeb上で多く見られます。
  • リード文には必ず、キーワードや共起語を入れる
    • 全てのキーワードと共起語を自然な形で無理なく入れます。

記事の内のSEO対策では、最も手が入れやすい箇所なのでしっかり対策してみましょう。

3. 内部リンク

内部リンクが集中しているページは、検索エンジンが重要視します。重要なページや部位には、内部リンクを集中的に設置します。

※ 重要なページや部位:トップページ・カテゴリーページ・グローバルナビゲーション・ヘッダー・フッター・サイドバー等

  • 適切なアンカーテキストを使用する
    • アンカーテキスト(リンクを含むテキスト)を使用します。キーワードを含むテキストを選択し、そのページが関連する内容を示すようにします。
  • 階層化されたサイト構造の構築を行う
    • サイト内のページが階層化されていると、内部リンクの効果が最大限に発揮されます。関連するコンテンツ同士をリンクで結びつけ、ユーザーが目的の情報にスムーズにアクセスできるようにします。
  • HTMLサイトマップを作成する
    • サイト内のすべてのページへのリンクを含むHTMLサイトマップを作成し、それをサイト内の重要なページや部位にリンクさせます。(検索エンジンがサイトの全体的な構造を理解しやすくなります)
  • 古いリンクを更新する
    • 古いコンテンツやリンクがある場合、必要に応じて更新します。リンクが古くなると、その価値が低下し、SEOに悪影響を及ぼす可能性があります。

内部リンクの対策を実施することで、サイトのSEOパフォーマンスを向上させることができます。

4. メタディスクリプション

メタディスクリプション(meta description)は 直接的に検索順位には影響しませんが、検索結果に表示さるため(非表示の場合あり)クリック率に大きく影響します。つまり、正確(優良)なメタディスクリプションは、検索流入の増加が期待できます。

メタディスクリプションのSEO対策は、基本的にリード文と同等です。但し、検索結果一覧に表示される文字数に制限があるため、表示範囲内に収まるようにします。

※ Googleでは、メタディスクリプションをスニペットとして約155〜160文字(半角)で表示します。日本語の場合は、約78〜80文字(全角)です。

重要なページや人気のページには必ず、メタディスクリプションを書きましょう。

5. 情報更新(最新情報追記・変更)

投稿以降「重要かつ注目度の高い」最新情報がある場合は早期に記事内容の情報を更新しましょう。

特に「その最新情報により」投稿記事の情報が読者に悪影響を及ぼす箇所がある場合は、削除・訂正コメント等その都度早期に修正しましょう。ユーザーファーストが信頼につながり、結果的にSEO対策となります。

6. 共起語

共起語(Co-occurrence)は、特定のキーワードと関連性のある他のキーワードやフレーズが一緒に出現する現象です。これは、検索エンジンがコンテンツの意味やトピックを理解する上で重要です。

関連性のある共起語を特定するためには、キーワードリサーチを行う必要があります。

共起語を自然な言語で使用することが重要で、キーワードの強制的な挿入や過剰な使用NGです。
読者にとって意味のある文脈で共起語を使いましょう。

7. 競合調査

SEO対策「初心者」には、ちょっと難しい課題のような気がします。「言葉からして難しい(笑)」

なので…簡単に何をすればいいのかをご紹介します。

  • 競合サイトの特定する
    • 同じ業界や分野に属する競合相手のWebサイトを特定します。
      類似商品や類似サービスを提供するWebサイトの調査です。
  • キーワードを分析する
    • 競合サイトがどのようなキーワードでランク付けされているかを調査します。
      競合サイトの検索順位の高いキーワード(ターゲットキーワード)を把握します。
  • コンテンツを分析する
    • 競合サイトのコンテンツ戦略を分析し、どのような種類のコンテンツが効果的であるかを理解します。
      トップページ・記事(投稿ページ)・製品ページ・ランディングページ等のコンテンツを確認します。
  • バックリンクを調査する
    • どのようなサイトからリンクを獲得しているかを把握します。
      有力なリンクの取得先を特定します。
  • ユーザーエクスペリエンスを分析する
    • ナビゲーションの使いやすさやページの読み込み速度等、ユーザーが重視する要素を理解します。

競合のコンテンツ内容にあって…
自身コンテンツ内容に欠けているものを取り入れてみることを検討しましょう。

8. ビジュアル

ビジュアル要素は、ページのイメージを読者に伝え易く、記憶にも残りやすいので重要です。オリジナル画像を使うことで、検索エンジンが一次情報と認識し、高評価が期待できます。また、画像検索からの流入獲得にも期待ができます。

  • 画像のファイル名は、適切な名前をつける
    • 適切なキーワードを使用し、Webページの内容やテーマと関連付けます。
      例1 “keyword-description.webp”(画像データを優先させた場合)
      例2 “1234_how-to-keyword.webp”(記事IDとスラッグを合わせた場合)
      ※ 画像管理も考慮してファイル名を決めます。
  • 適切なALT属性を付加する
    • ALT属性は、画像が表示できない場合や画像が読み込まれない場合に代替テキストとして表示されます。適切なALT属性を設定することで、検索エンジンが画像を理解しやすくなります。画像の内容やキーワードを含む記述を入れます。
  • 適切な画像サイズに変更し適度に圧縮する
    • Webサイトの読み込み速度は重要なランキング要因の一つです。大きすぎる画像はページの読み込み速度を遅くし、ユーザーエクスペリエンスを損ないます。適切なサイズにリサイズし、適度に圧縮します。
  • 画像キャプションを活用する
    • 画像の下にキャプションを追加することで、画像の内容や関連するキーワードを強調します。これにより、検索エンジンは画像をより正確に理解し、ランク付けに活用します。
  • 適切な画像フォーマットを選択する
    • JPEG・PNG・GIFなどの画像フォーマットを適切に選択します。写真にはJPEG、透明な背景が必要な場合はPNG、アニメーションが必要な場合はGIFなど、目的に応じたフォーマットを選びます。データの軽量化を考慮するのであれば webp 等も考慮して選択します。

ビジュアルのSEO対策を実施することで…
ビジュアルコンテンツが検索エンジンに適切に評価され、検索結果での表示が向上します。

9. 外部リンク

外部リンクの対策は、WebサイトのSEOにおいて重要な要素の1つです。

  • 質の高いコンテンツの提供する
    • コンテンツはユーザーに価値を提供し、共有されやすくすることが重要です。
  • ソーシャルメディアを活用する
    • ソーシャルメディアプラットフォームを活用して、自身のコンテンツを積極的に共有し、拡散を図ります。ソーシャルメディア上での共有は、他のWebサイトからのリンクを増やす一因となります。
  • 関連性のあるWebサイトへのアウトリーチ
    • 自身のWebサイトやコンテンツが関連性の高いWebサイトやブログにリンクされるよう、アウトリーチ活動を行います。関連性が高いWebサイトからのリンクは、SEO効果が高い傾向にあります。
  • ゲスト投稿
    • 関連性の高いWebサイトやブログにゲスト投稿を提供することで、自身のWebサイトへのバックリンクを獲得します。ゲスト投稿は相互的な利益をもたらし、SEO効果を高める手段の1つです。

これらの方法を組み合わせて外部リンク対策を行うことで…
WebサイトのSEO効果を向上させることができます。

10. AIの活用

現段階で、AIを活用してSEO対策を行う方法は多々ありますが…正確性と独創性に欠けるという点で最終的な採用判断は執筆者本人が行う必要があります。(文章や情報の真意)
上記を踏まえて、AIを活用する場合のおすすめは、AIの制作スピードを生かした下書きの作成とリライト等の書き換え作業です。

AIで下書きした記事に属人性を加えることで…
コストタイム削減と独創性を両立させた記事の作成ができます。

SEO対策鉄板ツール!Google「AnalyticsとSearchConsole」を活用する

Google AnalyticsとGoogle SearchConsole は、Googleが提供する無料の解析ツールです。

自身のサイトを把握するために 欠かせないツールです。

同時に「SEO対策がどのような効果をもたらしているか?」等を確認するためにも不可欠なツールです。

みんなが使っている鉄板中の鉄板ツール:AnalyticsとSearchConsole
\ 絶対使うめべし/ ^^(笑)

Google Analytics

Google Analytics::トップページ

前述した通り、Google Analyticsは 多くのWebサイトで活用されている Googleのアクセス解析ツールです。

Google Analyticsは「ユーザー属性・オーディエンス・コンバージョン・ランディンページ」等の解析ができ、収益面からは「維持率:新規ユーザー数・リピーター数」が確認できるので初心者さんでもサイト状況が認識できます。(とりあえず触って、少しづつ覚えていきましょう)

以下の記事で、Google Analyticsの導入から設定・使い方までをご紹介しています。
参考にしてください。

Google SearchConsole

Google SearchConsole:トップページ

Google SearchConsoleもまた、多くのWebサイトで活用されている Googleのアクセス解析ツールです。
おそらく、Google Analyticsより頻繁に活用するというブロガーが多いと思います。(筆者含む)

Google SearchConsoleは、「クエリ(検索キーワード)・各ページの順位・クリック数・表示回数」等、Google Analyticsでは確認できない解析ができます。双方を使うことでより多くのサイト情報が確認できます。

各ページのインデックス状況の確認やリクエスト、サイトマップの送信等もGoogle SearchConsoleで対話式に行えます。サイト運営の必須ツールといえます。

以下の記事で、Google SearchConsoleの導入から設定・使い方までをご紹介しています。
参考にしてください。

まとめ!【SEO入門】初心者でもわかる!はじめにやるべきSEO対策「基本を学ぼう」

SEOというと難しい用語がたくさん出てきて難しいですよね。「筆者は湯気が出そうでした…今もですけど^^”」

あまり複雑なことは無しにして!SEO対策を考え始めたらこれだけやって後は追々という感じで少しづつやっていきましょう。自然に難しい用語も覚えられると思います。今回ご紹介したGoogleの項目を読んだり、AnalyticsやSearchConsoleを触って慣れましょう。この記事がお役に立てば嬉しいです。

「最後まで、ご観覧いただきありがとうございました。」
また、次の記事で…お会いしましょう。\^^/

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 "Contents"